税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査の問題

税務監査で税務職員から指摘されることは、『わからないものは年末調整しないように、前の職がわかるものは年末調整をしてください』と言われるそうです。言いかたを変えると、その年の全ての収入などが把握できる場合のみ年末調整を行うということらしいです。
よく聞く『年末調整』というのは、給与所得以外がない人の”確定申告”と思えばいいみたいです。

そして個人が確定申告に行くか行かないかというのは、税務署のほうからわざわざ通知などもしてくれません。なので税務監査にしても税務調査にしても、確定申告や年末調整にしても人に任せるばかりじゃなく、自分でしっかり把握しておかなくてはいけないんですね。

監査役がなぜ必要かというと、株式会社などの業務監査をどのようにするか、またどんな立場の人間がになうかについて、いろいろな制度や設計が考えられるので、最も原始的な監査制度は、出資者であって会社の所有者でもある株主自身がそれにあたると考えられるのですが、経営と所有との分離という現象をふまえると、株主に多くを要求することはだめだということ。そして業務の執行する取締役同士の相互監視によることが考えられるんですが、業務執行の効率性を損なってしまったり、仲間意識のために必ずしも有効に機能するとは言いがたいのですよね。そこで、第三者的立場で、会社の業務執行を”監査”する立場の人(いわゆる監査役です)が必要となったのですね。監査役という存在は税務には尚更いなくてはいけない存在なんですね!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。