税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査について

税務監査について色々なことを書いてきましたが、大まかに税務調査と税務監査について改めて簡単に書きたいと思います。

まず国税調査をするのは税務署の職員ではなく国税の職員ですよね。で、その国税の職員の所属先というのは、各地方の【国税局調査査察部】もしくは【調査部及び国税庁調査査察部】という部署らしいです。国税調査というのは査察などで脱税の摘発をするというところにあるんだそうです。その査察が強制調査であるなら国税調査というのは任意調査となるそう。『任意』であるか『強制』であるかというような違いはあっても、税務監査の『正しい課税のために調査する』という点から見たらどちらも似たようなものだと思うんですけどね。

税務監査について色々な本がたくさん出ているわけですが、それらの本で勉強するというのは大事なことだと思います。どんな本でも一見難しいように思えても、読んでみると案外理解できるものが多いのかもしれませんね。今難しい本を読む人が昔に比べたら結構少なくなっていると思うのですが、読んだことのない本にもどんどんチャレンジしてみるのは大事なことだと思います。そこから考えが変わったり、学ぶことが増えたりして本当に自分のためになると思いますよ。

税務監査は難しいジャンルかもしれませんが、税務監査について知識がついていけばついていくほど『なるほど。』・・・と納得していくことも少なくないと思います。それは税務監査に限らず、色々なことに言えることなんですけどね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。