税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査において

会社の設立にあたって大事な税務監査や、会計監査業務というのはどんなことでしょう。

財務、総務、経理など管理部門というのは、直接的に売上を生み出しませんよね。
そのことから、財務や総務、経理の必要性は理解されていても、込み入っていてわずらわしい処理が多いので、どうしても敬遠されがちなんですよね。でも、法人というのは全ての取引における費用のこと、税務に関することなんかも帳簿などにしっかりと記帳しておかなくてはいけません。そして決算を組む必要がありますよね。

税務署への申告はもちろんしなくてはいけませんが、金融機関や株主などの「債権者」に対して、しっかりと決算報告をしなければいけません。金融機関などから融資を受ける時なんかも、必ずほかの金融機関の融資の残高や、毎月の返済予定や試算表などの提出がもちろん求められます。

また、毎月毎月作成されている試算表というものは、時機にかなっているような企業の業績把握のためにも非常に重要なもの。
毎月、企業の実態を試算表(月次決算資料)の数値によって正確に把握できるように作成しなくてはいけないし、それを読みこなしそこから経営上の問題点をしっかりと把握しながら、物事を手早く能率的に行われるよう改善につなげることが大事です。毎回その繰り返しがしっかりとできてこそ、はじめて会計というのは経営者にとっての羅針盤になれると言っても過言じゃありません。

それについていろいろ監督してもらい、検査すること(=監査)が企業にとって、大事なことなんですね。
だから税務監査は重要なことなんですね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。