税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査・監査法人について

税務監査にも関係している『』監査法人についてご存知ですか?

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によりますと、監査法人というのは、他人の求めに応じて報酬を得て、“財務書類の監査”や証明を組織的に行うことを目的としている、公認会計士法34条の2の2第1項によって、「公認会計士が共同して設立した法人」のことを行くのだそうです。(公認会計士法1条の3第3項)。また、2008年4月1日以降に、“一定の財務要件”や“情報公開義務等”を満たしている場合には、その監査法人の“損害賠償責任額”をその出資の額を上限とすることが認められたのだそうです。これらの法人に関しては、「有限責任監査法人」の名称を用いなければならないんだそうです。

監査に関するそういった法人についてご存知でしたか?税務に関する業務はすごく面倒であり大変なものですが、その税務について監督し、調査してくれるのが税務監査ですから、そういったプロの方にどんどん分からないことを質問してみて理解を深めていければいいですよね。

企業を守る為でもある『税務監査』についての重要なポイントや、税務調査の事前対策についての書籍なんかも以外にたくさん出版されていますから、そういったものを手にとってみて自分なりに勉強してみてもいいかもしれませんね。税務に関することは全く知らないよりは少しでも何か知識を持っている方が何かと有利ですからね。言われるがままにホイホイとやるだけで、本当はこうしたらいいのに・・・・というようなことを知らずに過ごしているのはすごくもったいないことですよね。税務に関するやるべきことをしっかりと把握して自分なりに完璧とまで行かなくてもいいから、何かしらの知識をつけておきましょう。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。