税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査について

税務調査については色々なところで紹介しているで、結構知っている人もいるかと思います。

ですが監査。監査についてはあまり知られていないと思うんですよね。税務調査は、税務署が調査を行使することであるのに対して、税務自主監査というのは、納税者自らが適正な申告への自尊心を税理士に委託することなんだそうです。なんだか難しいですが、税務自主監査の方がよさそうな感じを受けますね。やっぱり人から言われてやるというのではなく、自分から行動してみるのが1番だと思います。別に税務監査や調査にだけ言えることではないですけどね。

知識のない一般人とって税金のこと、申告に関することというのは複雑でわかりにくい事ですよね。なのでこういう難しいことというのは、やっぱりプロに任せるのが1番かもしれません。もちろんお金はかかりますけどね。自分で解決したいという人であれば、相談くらいでもいいかなと思います。

監査の意味は前にも言いましたが、監督し検査することですから、やっぱり税務調査を受けるよりも、自主監査するというほうが模範的な行動と思えますね。監査にもいろいろとあるようで、前にも言いましたが『監査法人』という言葉もあれば、先ほども紹介したような『自主監査』という言葉もあり、『税務監査』という言葉もあります。どういった監査なのかをしっかり把握していくことで、自分でも何か学ぶこと、何か分かることが見えてくるかもしれませんね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。