税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査と監査についていろいろ

税務監査と言えば税務に関することを監査する(監督し検査すること)となっていますが、監査法人と言うものがあり、財務書類の監査や証明についてのことを組織的に行うことを目的としているんですね。公認会計士法によって公認会計士達が共同して設立した法人のことを言います。

そして税務監査と言えば、税務調査と似ているということ。税務署の調査員が会社に来て、その会社のことについて色々な調査をしていくことですが、税務監査にしてもプロの方が出てきていることから、税務調査も税務監査もそんなに大差ないようには感じてはいるんですけどね。でも、税務監査がなぜ必要か。株式会社の業務監査をどのように行うか、そして、どのような立場の人間がその役をになうかという問題について、さまざまな制度設計が考えられているんだそうです。

私達のような一般の会社員にとっては税務調査も税務監査もあまり身近な感じがしないし、どちらも同じものなんじゃ?と思ってしまうものだと思います。自分のこととは関係がないですからね。でも、自分の会社は今どのようなことになっているのかとか、そういったことに関することをしっかりと理解していくのもその会社の社員の務めなのかなと言う気もするんですけどね。

税務監査といえば、その監査役というのは以外にも歴史が深く、明治23年に制定された商法によって設置されたんだそうです。その後は、企業の不祥事発覚などと連動していき、地位や権限に関しての改正や立法が重ねられていき、今のような現在に至っているのだそうです。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。