税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査と同族会社の特徴

税務調査が入るとなった時に、自分についている税理士が“味方”なのか“敵”なのかわからなくなってしまうことがありませんか?

経営者とそれを雇う税理士ということで、当然会社のいいようにしてくれるものだと思っている人も少なくないようですが、税務調査というのは税理士といえど嫌なものは嫌なものだと思います。なので、税務に関することについては監査される前に、最低限おさえておかなければいけないポイントというものがあると思われます。

まず、税務調査には、任意調査と強制調査(いわゆるマルサと呼ばれるもの)と2通りがあることはご存知だと思いますが、ほとんどの会社が受ける調査は通常“任意調査”のはずです。

そしてそんな嫌なイメージが強い税務調査ですが、同族会社の公私混同の是正、そして第三者による内部管理体制(監査など)のチェックなどは入るというメリットもあるんですよ。

知り合いの勤めている会社では社長がいて、専務がいてという普通の会社のようですが、同族会社で、社長と専務が兄弟。社長のお姉さんが専務を務めているそうです。でもその専務というのはトイレ掃除やちょっとした掃除をしているだけで、役員の手当てをがっぽりもらっているんだそう。他にも親戚同士でお正月やお盆休みに旅行にいったりして、社員の中では「会社のお金も使われているんじゃないか」という意見が出てきているのだそうです。これは明らかに同族会社の特有の「同族にだけの待遇」ですよね。

そしてその社長の姪っ子だとか甥っ子も雇い、辛い仕事は一切任せないで、普通の給料をあげているのだそうです。そんな情報が社員達に漏れているようじゃ、社員達にとってもおもしろくないはず。

こういったが事実であれば、今後やり方を改めていかないと、税務監査の際にも税務調査の際にも、きっと痛い目にあいますよね。思い当たる経営者は気をつけてくださいね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。