税務監査って何?

税務監査についての基礎

違いは?

“税務調査”と“税務自主監査”というものは同じようなものだと紹介してきましたが、何が違うのかとうと、税務調査が、税務署が調査を行なうということに対して税務自主監査というのは、納税者が自ら適正な申告を行うために、税理士などに委託することを指しているのです。

税務調査も税務監査もほとんど同じようなもののように思えますが、こういった違いがあるんですね。

税務調査に関することも税務監査に関することも、自分で事業を立ち上げた場合とかではない限り、あまり日常に関係のないことのようにも思えますが、実際に納税の義務があることには変わりないのですから、こういった納税に関する多少の知識は付けておいた方が賢いかなと思います。

税務監査というのは自主的に・・・と紹介しましたが、自主的にはするものの、やっぱり税理士などの委託して行うものなので、ほとんど関係ないようなものなんですけどね。でも知識があるのとないのとでは、そういった納税に関することで後々苦労するかどうかに関わってくることは間違いないと思います。

後々問題が起きてから知らなかった・・・などでは済まされないので、事業を立ち上げたからにはしっかり自分で一般常識より少し物知りな程度にはなっておきたいものです。税務調査も税務監査も、しっかり自ら正直に申告しようという心掛けがあれば、きっと何でもできるようになるはずです。せっかく節税していても、後々税務調査によって修正する羽目になろうものなら、日々のせっかくの努力が無駄になってしまいますからね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。