税務監査って何?

税務監査についての基礎

必要かどうか。

税務監査についていろいろと紹介してきましたが、実際に税務自主監査が“必要”か“必要でない”か、でいえばどちらとも言えることだと思います。前に紹介したように「自主監査」というのは自ら税理士さんなどを雇って、自主的に行うことを指しています。なのでやるべきことを全て抱えて個人でやるというよりは、そういった税理士さんを雇って行う方が間違いが少なくて済むかもしれません。

ですが、結局行うのは誰であれ人間なので、間違いがないとは必ずしもいいきれませんよね。そういったリスクも含めて、自分の力で行うかどうかを考えて自分で判断するべきです。

でも、できれば自分ですべてやるよりも、その道のプロである税理士さんを雇って、アドバイスを受けながらでもしっかり確実にやっておいた方が、間違いは少なくて済むはずです。ですが、その方法が絶対的に義務付けられているというわけではないので、その辺は臨機応変に考えてみればいいと思います。

申告する際に間違いが絶対なく、もし税務調査がきても大丈夫だ!というほどの自身があれば自分で行うのが費用もかからずいいかと思います。

普段節税を心がけていて、一生懸命頑張って負担する金額を減らしていても、こういったところで間違いがあれば、そのほとんど、もしくは全てが無駄になってしまいます。税務に関することを覚えていくとなると結構大変ですが、日々節税などをしっかりしていて少しでも負担を減らそうと考えているのなら、しっかりと正確な知識をつけて、自分で間違いなく行うのが一番の節税になるかもしれませんね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。