税務監査って何?

税務監査についての基礎

違いとは?

個々で言っている税務監査という言葉や税務調査というものを耳にしたことがあると思うのですが、このふたつの具体的な違いがはっきりとわかっている人って、その道のプロでもない限りなかなか少ないのではないかと思います。

このふたつの何か大きな違いと言えば、税務監査が“貸借対照表の数値”を詳しく調査することが主な仕事だとすると、税務調査は、“損失や利益のこと”を中心に調査するのが仕事ではないかと言われています。もっと細かいことを言えば他にも違いがあるのかもしれませんが、私達のような素人でもわかりやすくいうと、このふたつの仕事にはそのような違いがあるように思います。

双方の具体的な仕事内容で言えば、「目の付けどころは違えど、基本的にやっていることはほとんど変わらない」のかもしれませんね!

他にもこのふたつの違いがあると言えば、税務監査は組織的に行われるというイメージが強いのですが、税務調査というと、あまりそういった印象がありません。もちろん組織と言えば組織なのですが、独自に動いているというイメージが私の中では強いです。

そして具体的な内容のマニュアルがあるかどうかというところも違いがあると思います。実際にマニュアル本のような冊子みたいなものが1人1人に配られて、「じゃ、その通りに行なってくださいね!」というような接客マニュアルのようなものではないでしょうが、大体どういった流れでどういった風に進めていくかなどは、あらかじめ決まっていると思います。

実際にこういったものの2つにに立ち会った経験があるという人は結構少ないと思うのですが、実際にどちらかにでも立ち会ったことがある人の意見や様子を聞いてみたらイメージできていいかもしれませんね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。