税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査について

税務監査について色々と紹介してきましたが、法人でもない一般サラリーマンのような人にとっては、なかなか税務監査という言葉とは聞き慣れないものですよね。どういったことが仕事なのか、何を重点的に調べられるのか、税務調査との違いは・・・など実に沢山の疑問が出てきますよね。

税務監査=税務調査と同じだと思いこんでいる人も結構いるようなのですが、実はちょっとのことで違うのです。

税務監査の徹底的に調べる部分が、前も紹介したように貸借対照表の数値だとしたら、税務調査は損益中心だと言われています。税務調査自体もこちら側としては結構迷惑なものではありますが、税務監査も似たようなものですけどね。

何を重点的に見られるかによって対策を変えられる程のスキルもないでしょうし、結局自分のところの専属の税理士さんや、監査や調査に来られた人達に指摘されたことをそのまま行うことしかできないでしょうからね。

ただ、しっかりと準備しておかなくてはおけないものも違ってくるかもしれないので、その辺はちゃんと調べておいて準備しておいた方がいいかもしれませんね。

監査だ調査だと聞いても分とくる人ってどのくらいいるのでしょうね。数々の税務関係の調査や監査に立ち会ってきた人達というのは、それなりの経験が伴っているはずなので会社側としても頼もしい限りですが、会社にそんな人達ばかりゴロゴロといるわけではないですからね。

監査する側の人はマニュアルが用意されていて、ほとんどそのマニュアル通りにそって行われるという意見もあるのですが、だとしたらそのマニュアルの内容が大体わかれば楽なんですけどね(笑)

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。