税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査とは?

税務監査について色々と紹介してきました。

「監査」とはどういったものなのか気になるところですが、一言で監査と言っても色々なものがあるので、それらについて紹介していきましょう。

まず、監査人が誰であるかという分類として、“内部監査”や“外部監査”があることはよく聞く言葉なのでご存知かと思います。
そして“監査役監査”というものもあるのです。知っていましたか?

ちなみに、その監査する対象の分類としては最近うるさい個人情報の保護に関する監査もあれば、情報セキュリティ監査、税務監査、会計監査、そして環境監査などというものがあるんですね。

これらのような様々な“監査”があるわけですが、税務監査がなんだか面倒くさそうなイメージがないですか?

税務監査と聞くと、税務調査と同じじゃないのか?と思われがちなのですが、前にも書いたように実は調べる内容に若干違いがあるのです。

「税務」と付くだけで税金関係のことかなと言うのは誰もがわかることですが、税務の「調査」なのか「監査」なのかの、それらの違いを理解しておくことで、急に対処しなければいけない事態になったとしても、ちゃんと落ち着いて行動できるのではないかと思います。

税務監査とは要は税務に関することをキチンと行えているか、正確に行えているか、監督することを言うんですね。

また、困ったことがあれば自らどんどん質問してみて、教えてもらうというのが手っ取り早いかもしれません。経験者に聞くのもよし、直接税務に携わっている人に聞くのもよし、自分学ぶべきところで聞いてみてください。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。