税務監査って何?

税務監査についての基礎

調査と監査の違い

税務調査と税務自主監査は表裏一体と書きましたが、
税務調査は、税務署が調査を行使する(公権力)ことであるのに対し、
税務自主監査は、納税者自らが「適正な申告」への自尊心を、
税理士に委託することなのです。

税理士法第33条の2第2項に「税理士又は税理士法人は、
前項に規定する租税の課税標準等を記載した申告書で
他人の作成したものにつき相談を受けてこれを審査した場合において、
当該申告書が当該租税に関する法令の規定に従って作成されていると認められるときは、
その審査した事項及び当該申告書が当該法令の規定に従って作成されている旨を
財務省令で定めるところにより記載した書面を当該申告書に添付することができる。」
と規定されており、税理士業務の一環と考えられているのが普通です。

税金や申告は一般人にはやはり複雑でわかりにくい事柄です。
こういうことは、プロにお任せするのがベストだといえます。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。