税務監査って何?

税務監査についての基礎

調査回避と監査

また税務監査については税理士法第35条第1項で、
「税務官公署の当該職員は、税理士法第33条の2第1項又は第2項に規定する
書面が添付されている申告書を提出した者について、当該申告書に関して
あらかじめその者に日時場所を通知してその帳簿書類を調査する場合において、
当該租税に関し第30条の規定による書面を提出している税理士があるときは、
当該通知をする前に、当該税理士に対し、当該添付書面に記載された事項に関し
意見を述べる機会を与えなければならない。」と規定されており、
国税当局の運用いかんによっては、意見聴取段階で税務署調査を回避できる方法を
いっているような感じを受けます。
でも書面添付制度は、「当該事業年度のみの審査」であるのに対し、
税務調査は「複数事業年度分の申告書等を分析して問題点を抽出している。」
のであるから、少なくとも「税務調査と同じように複数年度分の申告書等の分析と
監査事項の説明」をしなければ、税務調査を回避することは出来ないのではとの
見解もされています。

複雑に法律が絡んできますのでやはり一般人には難しそうです。
調査の回避についても専門の方に監査依頼したほうが賢い選択ですね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。