税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査と相続税

税金の中でも良く聞くのが「相続税」ではないでしょうか?

相続税とは・・・相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて
贈与により取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合にその超える部分に
対して課せられる税金です。
このような時には相続税の申告及び納税が必要となります。被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内の期限です。

税務署の調査も相続税に関しても厳しく行われます。
相続や遺贈で日本国内に住所を有している人が財産をもらったときには、もらったすべての財産。
財産をもらったときに日本国内に住所を有しない人で財産をもらったときに日本国籍を有している、それと被相続人又は財産をもらった人が被相続人の死亡の日前5年以内に日本に住所を
有したことがある場合にもすべての財産の税金がかかります。

このほかにも日本に住所を所有しない場合や特殊な場合には、国内の財産のみであったり、
またそれ以外のパターンもあります。
一口に相続税といっても様々なのがわかりますね。相続税もきちんと申告しないと厳しい罰則が
あります。
税務監査時に慎重にチェックしてもらいましょう。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。