税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査の必要性

税務監査がなぜ必要なのか、税務署調査による相続税を例に挙げてみます。
相続税のしんこくのためには相続人の遺産と債務の確認、遺産の評価や分割などの確認、
遺言の有無などの手続きが必要になってきます。
遺産と債務は調べて一覧表を作成しておきます。また細かいことを言えば葬式費用も
遺産額から差し引くことができますので領収書などで確認しておく必要があります。
税がかかる財産の評価については、財産評価基本通達により定められていますし(一般に公開)
相続税法と、それにより評価することが出来ます。
遺産の分割については全員で協議して成立した場合には遺産分割協議書を作成。
分割できなかったときは相続財産をもらったものとして(法定相続分)申告をすることになります。
などなど、上に挙げた他にも書類関係のものの提出だけでも数多くあります。
規定で決められていますので、適当には済ませられません。

そこで税務監査がやはり必要になってくるわけです。
税に関する知識や情報、法律などにも精通しているプロに任せれば安心ですもんね!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

Comments RSS

現在コメントフォームは利用できません。