税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査とは?

税務監査について色々と紹介してきました。
「監査」とはどういったものなのか気になるところですが、一言で監査と言っても色々なものがあるので、それらについて紹介していきましょう。
まず、監査人が誰であるかという分類として、“内部監査”や“外部監査”があることはよく聞く言葉なのでご存知かと思います。
そして“監査役監査”というものもあるのです。知っていましたか?
ちなみに、その監査する対象の分類としては最近うるさい個人情報の保護に関する監査もあれば、情報セキュリティ監査、税務監査、会計監査、そして環境監査などというものがあるんですね。
これらのような様々な“監査”があるわけですが、税務監査がなんだか面倒くさそうなイメージがないですか?
税務監査と聞くと、税務調査と同じじゃないのか?と思われがちなのですが、前にも書いたように実は調べる内容に若干違いがあるのです。
「税務」と付くだけで税金関係のことかなと言うのは誰もがわかることですが、税務の「調査」なのか「監査」なのかの、それらの違いを理解しておくことで、急に対処しなければいけない事態になったとしても、ちゃんと落ち着いて行動できるのではないかと思います。
税務監査とは要は税務に関することをキチンと行えているか、正確に行えているか、監督することを言うんですね。
また、困ったことがあれば自らどんどん質問してみて、教えてもらうというのが手っ取り早いかもしれません。経験者に聞くのもよし、直接税務に携わっている人に聞くのもよし、自分学ぶべきところで聞いてみてください。

税務監査について

税務調査については色々なところで紹介しているで、結構知っている人もいるかと思います。
ですが監査。監査についてはあまり知られていないと思うんですよね。税務調査は、税務署が調査を行使することであるのに対して、税務自主監査というのは、納税者自らが適正な申告への自尊心を税理士に委託することなんだそうです。なんだか難しいですが、税務自主監査の方がよさそうな感じを受けますね。やっぱり人から言われてやるというのではなく、自分から行動してみるのが1番だと思います。別に税務監査や調査にだけ言えることではないですけどね。
知識のない一般人とって税金のこと、申告に関することというのは複雑でわかりにくい事ですよね。なのでこういう難しいことというのは、やっぱりプロに任せるのが1番かもしれません。もちろんお金はかかりますけどね。自分で解決したいという人であれば、相談くらいでもいいかなと思います。
監査の意味は前にも言いましたが、監督し検査することですから、やっぱり税務調査を受けるよりも、自主監査するというほうが模範的な行動と思えますね。監査にもいろいろとあるようで、前にも言いましたが『監査法人』という言葉もあれば、先ほども紹介したような『自主監査』という言葉もあり、『税務監査』という言葉もあります。どういった監査なのかをしっかり把握していくことで、自分でも何か学ぶこと、何か分かることが見えてくるかもしれませんね。

税務監査について

税務監査について紹介してきましたが、その重要な役割である監査人が誰であるかにというといくつかあって、『外部監査』、『内部監査』、そして『監査役監査』などがあるわけです。監査する対象としてもいくつかあり、『会計監査』は良く聞きますが、他にも『個人情報保護監査』や、『情報セキュリティ監査』、そして環境監査などがあります。
監査というのは、ある対象に関して、守るべき法令や社内規程などの規準を照らし、業務や成果などがちゃんとそれらに則っているのかどうかの『証拠』を収集して、その証拠に基づいて何らかの評価を行い評価結果を利害関係者に伝達することが監査の役目なんですね。
監査の意味を言えば前にも言いましたが、「監督し検査すること」何ですが、そんな監査役にもこうやって色々な監査業務や監査人があるんですね。税務に関する監査が『税務監査』なんだと思えば、そのまんまなんですが、非常にわかりやすくなりますね。税務調査が入るとなった時にいろいろと準備をしなくてはいけませんが、税務監査が間違いなく検査してくれるので、安心して税務調査に臨むと良いと思います。
税務監査というのは非常に難しい仕事だと思いますが、税務監査に限らず色々な仕事があるからこそ、今の私達が、色々な面で住みやすくなっているのですね。難しい職業だから・・・というのではなく、色々な職業に感謝したいものですね。税務監査の話と最後少しずれていきましたが、とにかく税務監査とは税務に関することを、監督し正しいかしっかりと検査してくれるのですね。

税務監査いろいろ

税務監査についていろいろと書いてきましたが、最近ちょっと嫌な出来事を聞いたので、私事ですが紹介したいと思います。
なんでも、私の住んでいる自治体で、会計さんもろもろその辺の役員の人3人と、その人達にかかわっている業者がグルになって自治会費を横領していたとのこと。総額は50万。今までそうなるまで放っておいた自治体もどうして食い止められなかったのか・・・というところも疑問ですが、こんなことが続くようならば、役員に【監査役】とする存在も作らなければいけないのではないか?という話になりました。
もちろんこの問題は刑事告訴する方向で話は進んでいて、住民にこのことを話し、署名をとっているところです。
もし監査役を決めて、監査してもらう方向になったとしたとしても、また監査役までもが不正行為に加担したとしたら、もう誰を信用していいのか分からなくなります・・・。どのようにこいういった手口をやりぬいてこられたのかというと、自分で作ったとみられるめちゃくちゃな領収書をその当時の会計さんに渡し、帳簿にはその通りに書いていたそうです。でもその内容は、例えば住民で集まる町内会がある度に、食べ物やお酒を無駄に注文し、明らかに余ることになるのがわかっていながら、余ったものは役員の人だけで持ちかえるというようなセコイ手口を繰り返しているそうです。
他にも知り合いの酒屋さんなどとも協力し、高すぎる金額での取引をして、領収書を会計さんに出し、後で酒屋さんと折半するとか、住民運動会などの後にも、役員だけでどこかのスナックなどに行き、『打ち上げ』という名目で飲み代を要求するという悪質な手口。当時は会計さんがグルだったので誰にも知られることもなく、それが今年度に新しい会計さんがついてから『毎年恒例の子供会をする経費がない』ということから発覚。その会計以外の役員は毎年毎年『役員をやるから他の人に任せなくていい』と言っていたのだそうですが、まさか好意だと思っていたことが、こんな事件が隠されていたなんて、同じ住民として非常にがっかりしています。
監査役がいるという話になったのはわかるけど、当時の役員の3人には横領した分のお金を返してもらって、当然謝ってもらい、役員はもう二度としないということを誓っていただきたいと住民一同は考えているところです。子供会を楽しみにいていた子供がかわいそうでう仕方ないです。
もしこれが会社などの役員がおこなったことであり、会社が税務調査の対象になっていたとすれば、すぐに税務調査員によって発覚された手口だと思います。これは自治体の自治会費の話で、50万と金額は少ない方なのかもしれませんが、住民から集めたお金をこのように使われているとなれば、やはり監査役が必要となってしまうのでしょうね。なんにせよ過去の役員の人にはキチンとした対応をしていただきたいなと思いますね。