税務監査って何?

税務監査についての基礎

税務監査の問題

税務監査で税務職員から指摘されることは、『わからないものは年末調整しないように、前の職がわかるものは年末調整をしてください』と言われるそうです。言いかたを変えると、その年の全ての収入などが把握できる場合のみ年末調整を行うということらしいです。
よく聞く『年末調整』というのは、給与所得以外がない人の”確定申告”と思えばいいみたいです。

そして個人が確定申告に行くか行かないかというのは、税務署のほうからわざわざ通知などもしてくれません。なので税務監査にしても税務調査にしても、確定申告や年末調整にしても人に任せるばかりじゃなく、自分でしっかり把握しておかなくてはいけないんですね。

監査役がなぜ必要かというと、株式会社などの業務監査をどのようにするか、またどんな立場の人間がになうかについて、いろいろな制度や設計が考えられるので、最も原始的な監査制度は、出資者であって会社の所有者でもある株主自身がそれにあたると考えられるのですが、経営と所有との分離という現象をふまえると、株主に多くを要求することはだめだということ。そして業務の執行する取締役同士の相互監視によることが考えられるんですが、業務執行の効率性を損なってしまったり、仲間意識のために必ずしも有効に機能するとは言いがたいのですよね。そこで、第三者的立場で、会社の業務執行を”監査”する立場の人(いわゆる監査役です)が必要となったのですね。監査役という存在は税務には尚更いなくてはいけない存在なんですね!

税務監査と言えば・・・

税務監査というのは税務調査と違いますが、税務調査と言うと皆さん心構えることと思います。
その中でも日頃から大事なことはきちんと記帳しておき整理しておきましょう。

その中でも会計とはとても難しいことのように思えますが、要は損益をきちんと出すということ。
簿記の知識が少しは必要となりますが、通常の処理ぐらいは会計ソフトを使えばできます。

記帳とは、会社の取引を記録すること。これは必ずしておかなければいけないこと。

現金の出し入れを記録したもの【現金出納帳】
預金の出し入れを記録したもの【預金出納帳】
売上と経費の使用状況を記録したもの【売掛帳、経費帳】

最低限、このくらいは絶対に用意しておきましょうね。

領収書は、きちんとスクラップブックやノートなどに貼り付けておくと後々も便利ですよ。
また、領収書がもらえないものについては、書類を作成して支払い証明を残しておくといいみたいです。

原始記録はエクセルなどで記録するよりは手書きのほうが証拠としては能力が高いようです。
記帳する項目は、経費科目(〇〇費というもの)、店名、品物名は書きましょう。
必ず会社名を書いてもらうのが大事。『上様』という領収書は貰ってこないようにしましょうね。
白紙の領収書は貰わず、こちらも必ず記入してもらうこと。コンビニの領収書等は品物名が入っているのでレシートでOK。
交際費については、人数を記入してもらうと税法的に有利な処理ができやすくなるようです。

税務監査の業務

税務監査の内容とは。
業務(毎月の税務に関すること)が的確に実施されているのかどうかチェックして、
それと同時に税務面での問題点を発見して早期の対策を実施できるように
帳簿、原始資料、証憑等の確認、計上基準の妥当性の検討等を行い、アドバイスしてくれる。

ようは経営判断の手伝いをしてくれるということみたいです。

前にも言いましたが今の時代、税務監査などの知識も企業の経営には必要不可欠です。

でもどんな世界(業界?)でもやっぱりその道の【プロ】というのがいますから
自分では難しい不得意な分野は、失敗して痛い目にあう前に
素直に【プロ】に任せるのが1番と思われます。

税務調査に関する税務監査をお願いする。ということですね!

税務監査の意味

税務監査についての色々を調べてきました。
税務監査を行う意味合いについても何となく理解。
とにもかくにも、3年分の領収書や請求書、給与に関する書類のチェックとなりますので、スムーズに提出することがとても重要。

毎月の決まった業務などとは違うものですが、自分たちの業績などの見直しをする意味でもプラスに考える方がいいのではないでしょうか。悪意を持った脱税などをしていない限りは、何も恐れることありません。

税務監査は自分たちの正しい会社経営の証明にもなります。
何事も前向きに考えるとさらにプラスになっていく気がします。
税務監査がもし来たらいつもと変わらぬ平常心で。
そうは言っても緊張でドキドキだとは思いますが、やましいことがない限りそれもちゃんと相手に伝わるもの。税務監査に関わらず、人間正直に生きなくちゃね。

税務監査と今日

税務監査を通していろんな税金のことを見てきました。
税というテーマひとつとってみても今日の社会全体が急激に変化し続けていることがわかります。
過去の経験(戦後日本社会の政治や経済、社会、経営など)をはるかに上回るスピードですよね。
日本の構造が目に見えるくらいに劇的に変化し、新しいルールや常識が形成されつつ有りますよね。
監査という制度も、その中の一つでしょうか。。
日本が大きく変わろうとしている歴史的瞬間に立っていると言っても過言でない気がします。

経済成熟社会によってプラスなことばかりではありません。
少子高齢化Y環境破壊、異常なまでの国際化・規制緩和、経済情報環境の激変など。
地球規模での大きな変化の中で、自ら改革をはかっていかなければいけないのかもしれません。
このような時代背景の中で税務監査などへの知識も企業の経営には必要不可欠です。
目的実現のためにはぷろの力を必要とする時もあるでしょう。
でも、すべてが人任せなのは今の時代には合わないです。
とにかくすべてのことにおいて自分たちができることはやりましょう。
節税対策や申告も自分たちが把握しなければいけない自覚を持って取り組めば、その先に明るい光が見えてくる気がします。

税務監査実施にあたって

税務調査に代表されるように、私たちが納める税金には色々な法律や手続きがついて回ります。
それを個人レベルですべて把握するのは困難を極めます。
だから税に精通している方々の力を借りるわけです。

次に挙げるのはとある税務調査立会いのやり取りです。

・G社長はB氏にお客さんを紹介してもらいました。
・G社長はB氏に金銭をいくらか紹介料として手渡ししました。
・経理の方はこのお金を「支払手数料」として処理していました。
この「支払手数料」の処理について、税務署の調査官から指摘があったそうです。
調査官は社長に、このB氏に対する支払は「支払手数料」ではなく「接待交際費」にすべきだ。と言われたそうです。

どこにでもありそうなお話ですよね。この場合。。
B氏が紹介等を仕事としてあらかじめ社長と契約書を締結し、利益に応じて手数料を支払う場合はそのまま「支払手数料」でいいでしょう。
ところが上の場合B氏が紹介等を仕事にはしていなくて契約書等を事前に結んでいません。
だからこの場合は「礼金」いわゆる会社側からのお礼となりますので「接待交際費」として処理する事になります。
もし紹介などをされた場合も処理を気を付けなければいけません。

やはり税務に関してはプロに任せた方がよさそうですね。一見簡単そうに見えることでも、
処理の方法を間違えると調査で突っ込まれる事態になります。
税務監査、しっかり行いましょう。

税務監査と調査

今の時代、何でもそうですがその道のプロに委託するということが多いですね。
自分で何でも出来るにこしたことは無いですが、それにも限界があります。

税務監査に関してもそういう風潮の一つといえるのではないでしょうか。
それでも自分である程度は準備を進めなければいけません。
書類関係は提出を求められれば即提出できるように日ごろから整理しておきましょう。
それから、知っていて損は無いと思いますので自分で調べられる範囲のことは知識として
頭の片隅にでもおいておくのがいいかと思います。

監査を行うにあたり調査のことも少し覚えておきましょう。
税務調査には、指導、任意、強制と三種類あります。
一般的なのは任意。指導とは優良申告法人などに行われます。
映画などでもよく取り上げられてるのが強制。悪質な脱税をテーマにしてますよね。

税金はとても私たちの生活にはとても身近なものです。
しかしそれを収めるための申告などに関しては複雑で難しい事が多いです。
だからプロに適切な対処をしてもらう必要があるわけで。。
税務監査と調査は表裏一体。正しい監査=調査にもなります。

国税専門職アレコレ。。

税務監査を受けるにあたり自分のミニ知識として何でも知っておけば、
後で役に立つことがあるかもしれない!という意味で。。
国税調査などを行うのは専門職の方だと先の記事で書きましたが、
もう少し詳しく見てみることにします。
専門職は三つに分かれています。
その一つが国税調査官。直接税及び間接税について個人や法人を訪れ正当な申告が行われているかどうかの調査・検査を行う人たちです。
そして国税査察官は。大口、悪質な脱税の疑いがある者に対して強制調査を行います。裁判官から許可状を得て、捜索・差し押さえなどの措置をとる権限を持っています。告発するまでの一貫した職務を刑事罰を求めるために従事します。
そしてもう一つが国税徴収官。税金の督促や滞納処分を行うとともに納税に関する指導なども行う人たちです。

少し話がそれますが この専門職の皆さんは業務が厳しい分、俸給的にはちょっと恵まれているらしいです。
扶養手当や通勤手当といったものが優遇されているみたいですね。
公務員さんといえば勤務時間や休暇なども民間企業に比べるとしっかり取れるイメージもありますしね。
季節や節目など忙しい時期もあるとは思いますがね。。

激務で知られる国税専門官。それでも強く志望するには色々な理由があるのでしょうが。。
このような税のプロがいるからわが国の財政が成り立っているわけですもんね。

税務監査の必要性

税務監査がなぜ必要なのか、税務署調査による相続税を例に挙げてみます。
相続税のしんこくのためには相続人の遺産と債務の確認、遺産の評価や分割などの確認、
遺言の有無などの手続きが必要になってきます。
遺産と債務は調べて一覧表を作成しておきます。また細かいことを言えば葬式費用も
遺産額から差し引くことができますので領収書などで確認しておく必要があります。
税がかかる財産の評価については、財産評価基本通達により定められていますし(一般に公開)
相続税法と、それにより評価することが出来ます。
遺産の分割については全員で協議して成立した場合には遺産分割協議書を作成。
分割できなかったときは相続財産をもらったものとして(法定相続分)申告をすることになります。
などなど、上に挙げた他にも書類関係のものの提出だけでも数多くあります。
規定で決められていますので、適当には済ませられません。

そこで税務監査がやはり必要になってくるわけです。
税に関する知識や情報、法律などにも精通しているプロに任せれば安心ですもんね!

国税調査のetc

国税に関する事に従事する仕事とは。。
税務のスペシャリストとして適正な課税を維持し国税局や税務署において租税収入を確保するため、
会計、経済、法律等の専門知識をフル活用して次のような事を行います。
税金の督促や滞納処分(定められた納期限までに納付されない税金)を行うとともに、
納税に関する指導などを行います。
色々な税(所得税、法人税、相続税や直接税及び消費税、酒税などの間接税など)について、
納税義務者である法人や個人を訪れ適正な納税申告が行われているかどうかの国税調査・検査を行います。
そのときには申告に関する指導なども同時に行います。
裁判官から許可状を得て捜索・差押えの強制調査を行う事が出来ます。
(例えば大口・悪質な脱税の疑いがある者に対しての刑事罰など)
高度な専門知識のみならず強い精神力などが要求される職種です。

厳しい仕事を行う国政専門官は試験によって選ばれています。
上で述べたようなプロが調査するわけですからずるい事は出来ないわけです。
税務監査が必要なのは不正を未然に防ぎ、国税をきちんと納めるためなんですね。